院長プロフィール

豊田秀三

広島県立呉三津田高等学校卒業(昭和42年)
大阪医科大学卒業(昭和48年)
大阪医科大学内科研修医
大阪医科大学内科専攻医
大阪医科大学助手
豊田内科胃腸科開業(昭和54年9月1日)
呉市医師会理事(昭和56年~昭和63年、平成2年~平成24年)
呉市立五番町小学校校医(昭和59年~平成19年)
広島県医師会代議員(平成8年~平成24年)
呉市医師会長(平成18年~平成24年)
日本医師会代議員(平成18年~現在)
呉市医師会看護専門学校校長(平成18年~平成24年)
呉市医師会産業保健センター所長(平成18年~平成24年)
広島県医師会副会長(平成24年7月~現在)
広島県産業保健総合支援センター所長(平成26年4月~現在)

資格

◎ 医学博士
◎ 内科認定医
◎ 労働衛生コンサルタント
◎ 厚労省緩和ケア研修終了

院長あいさつ

呉市伏原地区で昭和54年から地域医療に携わっております。戦前は成町と呼ばれており、私の曾祖父豊田照雄が内科を開業していた地です。開業した当時は照雄の父、豊田立碩(外科医)に診てもらったと言う古老も患者さんの中におられました。私にとって先祖伝来の地であり、地域に密着した医療を心がけてきました。これからも地域に貢献する医療機関として頑張っていくつもりです。

診療方針

総合医として地域の人たちの健康管理と在宅医療、中等症の入院管理、また総合病院への専門外来紹介、入院管理の連携、通所リハビリテーションにおける自立した生活への復帰訓練、グループホームでの認知症患者の自立生活援助等地域に密着した医療も行っています。

ドクター紹介

平田真奈
広島県立呉三津田高等学校卒業
川崎医科大学卒業
呉共済病院内科研修医
呉共済病院内科専攻医
亀田総合病院附属幕張クリニック 内視鏡医
聖路加国際病院 内視鏡医

資格・学会

◎ 内科認定医
◎ 認定産業医
◎ 厚労省緩和ケア研修終了
日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本禁煙学会

副院長あいさつ

専門は内視鏡検査と一般内科診療です。多くの方が『がん』で亡くなる昨今、早期であれば浸襲の少ない治療で済む早期の癌を発見する特に、上部内視鏡検査(食道、胃、十二指腸)、下部内視鏡検査(大腸)を苦痛なく行うことを目標としております。特に女性や御高齢者には苦痛なくうけていただけるようにさまざまな工夫をしております。目的はがんの早期発見、早期治療にあたります。これまでの経験を生かして、安心して納得していただけるような検査、苦痛のない検査を行っていきます。こまったことがあればいつでも相談してください。


豊田知奈

豊田知奈
広島大学附属高等学校卒業
福岡大学医学部卒業
順天堂大学医学部附属浦安病院研修医
福岡大学病院内科勤務

資格

◎ 内科認定医